姿勢で【腰の負担が3倍】も違うって知ってた?

2021/04/10 ブログ
座り方

腰痛は

肉体労働や立ち仕事の方が多い印象ですが

 

 

実は!

 

 

デスクワークの方が

腰の負担が3倍もかかっているんです


 

 

なぜかというと

人間にとって

立つよりも

座るほうが

骨盤に負担をかけてしまうからです

 

イラストを見てもらうと

イラストを見てもらうと

わかりやすいのですが

②(右上)のイラストは

椅子に深く腰掛け骨盤が立っている状態です

この状態のことを「立腰」といいます

 

立腰だと

背骨に頭の重さがバランス良くかかっているので

腰に負担がかかにくくなっています

 

①(左上)のイラストは

デスクワークやスマホの操作中に

取りやすい姿勢で猫背の状態です

 

猫背の姿勢は

腰の筋肉や靱帯に負担がかかりやすく
腰だけでなく肩こりや首のこり

頭痛やスマホ首などを引き起こす可能性があります

 

 

③(左下)のイラストは

椅子に浅く腰掛け

腰が反っている姿勢です

無理な力が腰から背中にかけて

かかりやすいので

腰痛の原因になります

 

④(右下)のイラストは

背もたれによりかかり

重心が背中に置かれている姿勢です

この座り方を続けていると

腰のカーブを変えてしまうので

椎間板ヘルニアの原因になる可能性もあります


⑤イラストにはないですが

足を組む姿勢は

足を組むことで背骨が左右に曲がり
骨盤が歪んで背中や腰に負担がかかります

 

普段から座る時は

立腰を意識してみてくださいね!

 

 
 
<人気記事>1肩甲骨を動かして肩こり改善2衝撃!お客様の100%が凝っている場所とは?
3あなたも120分必要です
4お客様のご協力でマッサージ後のお楽しみを続けています
5歯医者さんが勧める感染対策とは?
<おしらせ>【無料】note記事右矢印無料かんたん血流改善法
【オンライン有料講座】右矢印セルフリンパマッサージレッスン

 

↓ご予約やお問い合わせはコチラからお願いします
友だち追加(ID:@220kswkh)
メールラブレター右矢印cbethikari@gmail.com